投稿日:

偉大なスーパースターに魅了された2時間

以前から観たかった映画THIS IS ITをようやく観ることができた。マイケル大ファンの会社の同僚がDVDを貸してくれると言うので待っていたが借りられないまま月日だけが過ぎてしまったからだ。たまたま動画配信サイトの無料お試し期間中で見つける事ができた。

この作品は映画といいつつライブツアーのリハーサルのドキュメンタリーだ。ゆえに全てがノンフィクション。
世界中の精鋭を集めたダンサー、スタッフ達はマイケルと共にステージを作り上げることに誇りを持っていて全力で取り組んでいた。インタビューに答える彼らの目はとても輝いて見えた。

1番圧巻されるのはやはりマイケルのパフォーマンスシーン。彼等にとって憧れの存在というだけあって、画面からでもスターオーラが伝わってくる。
今聴いても色褪せない名曲が次々と現れるがマイケルは演出面でタイミングや音にこだわり徹底的にスタッフと突き詰めてステージを作っていく。

私はメディアによって作り上げられた歪んだイメージを信じる事ができず本当のマイケルは純粋に音楽を愛するエンターテイナーという気がしてならない。
50歳とは思えないキレのあるダンス、心地よい歌声。 世界中のどれだけの人が彼に魅了されてきたのだろう。

エンドロールが始まり諦めかけてた最後の最後にHeal The Worldが登場した。英語を勉強しはじめた時にはまって毎日のように口ずさんでいた大好きなこの曲、留学中にティーチャーと歌ったこの曲が色々な思い出も重なって泣きそうになった。マイケルが望んでいる世界がこの曲に詰まっているからこそ聴く度に切ない気持ちになる。

彼以上のエンターテイナーはもう現れない気がする。作品を観終わってから真のスーパースターを失った悲しみが襲ってきた。

マイケルの急逝により幻のツアーと化したがリハーサルであのクオリティなら本番はどれほど凄いものだったのか、本当に残念でならない。
しかしマイケルの想いを引き継いだ人々は世界中に大勢いる。少しでも彼の描いていた世界を実現したい。詳しく調べたい方はこちら>>>>>バスティーメイクナイトブラ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です